2006年11月05日

安部内閣(造反組・復党)

関係者の話によると、10月上旬、東京都内で青木幹雄参院議員会長、森喜朗元首相、中川秀直幹事長らと造反組の復党問題を協議。青木氏が「参院選(の情勢)は厳しい。造反者の協力もあおぐべき」との主張し、安部首相も了承したとのこと。

安部内閣も、旧体自民党だ。結局、選挙のことしか考えていない。たった一年半で復党なんて国民を馬鹿にしている。といった国民の声が聞こえてくる。

また、刺客はもともとそういう扱いでしかなかったから仕方が無いのでは。先の解散総選挙での当て駒だったし、政治活動に期待したのではなく、小泉首相を応援していただけ。と、復党はやむを得ない意見の国民もいる。

小泉首相はと言えば、いわゆる造反組の復党に反対している。一括復党を認めた場合に党内の亀裂が拡大することも予想されるとの見方がある。

小泉首相のこの態度がマスコミに取り上げられていることに、少し安心を覚えた。やはり、今も”ぶれていない”のである。

復党を認める、認めない。。。。どちらでも良いが、小泉首相時代の官房長官が今の安部首相である。政治の一貫性があまりにも欠け、保身という名の霞ヶルールを国民が目の当たりにしている。復党を議論する暇があったら、北朝鮮問題、年金問題、教育問題、景気、借金など国民にとってプライオリティの高いことを議論していただきたいものだ。

 

BN:AKUTO

posted by 名無し at 16:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍政権
Excerpt: 長期政権だった小泉前首相の後を継ぎ、9月にスタートした安倍政権。政治的サラブレッド、あるいは不「安倍」増政権と、いろいろな評価がありますが、あなたのご意見をお寄せください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-11-05 19:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。